クレンジングバームとは?正しい使い方や保管方法についてご紹介!

 

クレンジング剤には、オイルやゲル、クリームなど、さまざまな種類があります。
日々のメイクをしっかりと落として肌を健康的に保つためにも、クレンジング剤は慎重に選びたいですよね。

 

しかし「どのようなクレンジング剤を使えばいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。
そんな方に今回は、クレンジングバームをご紹介していきます。

 

「クレンジングバームの特徴や効果」「使い方や保管方法」「注意点」などについて解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

クレンジングバームとは?特徴について

 

クレンジングバームとは、固めテクスチャーのクレンジングのことをいいます。
半固形タイプになっており、肌の上に乗せると、体温によってやわらかいテクスチャーに変わるのが特徴です。

 

クレンジングバームはねっとりとしているので、肌と指の間で摩擦を和らげてくれる働きをします。
そのため、お肌に優しいのも特徴のひとつといえるでしょう。

 

バームには特有の匂いがあるため、洗い上がりの残り香が気になる方もいます。
その場合は、アロマなどの香りがついているクレンジングバームを選ぶのがオススメです。

 

クレンジングバームに期待できる効果

 

クレンジングといえばオイルやクリーム、ゲルなどのイメージがありますが、クレンジングバームも根強い人気を持っています。

 

では、クレンジングバームには、どのような効果があるのでしょうか。
クレンジングバームを使うことによって得られるメリットを3つご紹介していきますね。

 

クレンジングバームの効果:しっとりとした洗い上がり

クレンジングバームのメリットのひとつは、洗い上がりがしっとりとすることです。

 

メイクを落としたあとの特有のつっぱる感覚もありません。
そのため、乾燥肌で悩んでいる方にはぴったりのクレンジング剤なのではないでしょうか。

 

「肌寒くなる秋や冬に乾燥しやすい」という体質なのであれば、秋と冬だけクレンジングバームと使うなど、使い分けるのもオススメです。

 

クレンジングバームの効果:メイクがしっかりと落ちてくれる

クレンジングバームは、メイクをしっかりと落としてくれるのもメリットのひとつです。

 

クレンジングバームのベースとなっているのは、油分が多いミツロウやワセリン。
クレンジング剤に含まれている油分が多いとメイクになじみやすくなるため、クレンジングバームを使うとメイクがしっかりと落ちるのです。

 

ウォータープルーフの化粧品を使っている方にもオススメします。
アイメイクも専用のリムーバーを使わずに落とすことが可能です。

 

クレンジングバームの効果:摩擦による肌へのダメージを減らしてくれる

クレンジングバームは粘度が高めのテクスチャーなので、肌への負担を軽減してくれる効果があります。

 

オイルやリキッドなど、比較的サラサラとした使い心地のテクスチャーは、指で顔をこする際、摩擦によって肌に負担をかけてしまいます。
しかし、クレンジングバームは、肌と指の間に入るクッションのようになってくれるため、肌にダメージを与えにくいのです。

 

肌にダメージが蓄積されていくと、シワや肌トラブルなどの原因となってしまうため、注意してくださいね。

 

クレンジングバームの正しい使い方★

 

肌にやさしくメイクもしっかりと落としてくれるクレンジングバームですが、使い方をきちんと守らないと、肌トラブルの原因になってしまう場合もあります。
そのため、クレンジングバームの正しい使い方を理解しましょう。それでは、使い方をご説明していきますね。

 

1.まず、クレンジングバームを乾いた手に取り、顔の上に乗せていきます。

少ない量だとメイクがしっかりと落ちない可能性があるため、指定された量を守ってくださいね。

 

2.次に、顔をくるくるとマッサージするようなイメージでクレンジングバームを指で広げていき、メイクになじませていきます。

テクスチャーが柔らかくなるまでなじませるのがポイントです。

 

3.そして、メイクが落ちたのを確認したら、ぬるま湯を一度クレンジングバームになじませます。

クレンジングバームとぬるま湯を合わせることにより、クレンジングバームが乳化します。
乳化することによって、洗い流しやすくなるのです。
きちんと洗い流せていないと、ニキビなどの肌トラブルの原因となってしまうため、注意しましょう。

 

4.最後に、ぬるま湯でクレンジングバームをしっかりと洗い流します。

エラやアゴの裏、生え際など、洗い残しがないようにしてくださいね。

 

クレンジングバームの使用期限はどのくらい?保管方法について

 

「クレンジングバームに使用期限ってあるの?」と驚かれた方もいるのではないでしょうか。
じつは、クレンジングバームだけではなくクレンジングなどのスキンケア用品にも、使用期限があるのです。

 

そこで、クレンジングバームの使用期限と効果的に使うための保管方法についてご紹介していきます。

 

クレンジングバームの使用期限とは?

 

クレンジングバームの使用期限は、さまざまな意見がありますが、未開封ならば3年、開封したならば半年を目安にするといいでしょう。

 

製造されてから時間が経ったクレンジングバームを使うと、メイクが落ちにくかったり肌トラブルの原因になったりします。

 

特に、一度開封したクレンジングバームは、空気に触れて酸化しやすくなります。
そのため、開封したら早めに使い切ることを心がけましょう。

 

クレンジングバームの保管方法とは?

クレンジングバームは、正しく保管しないと、正しい使い方をしていたとしても効果が薄れてしまいます。

 

クレンジングバームの正しい保管方法とは、高温多湿や直射日光を避けること。
クレンジングバームは、熱に反応してテクスチャーが柔らかくなります。
そのため、高温多湿や直射日光が当たる場所で保管をすると、テクスチャーが溶けてしまう可能性があるのです。

 

【クレンジングバーム】こんな使い方はNG!使用上の注意点について

 

クレンジングバームを使う際に、注意したほうがいい点があります。
そこで、クレンジングバームのNGな使い方を2つご紹介していきます。

 

クレンジングバームのNGな使い方1:マツエクに使う

クレンジングバームのNGな使い方のひとつとして挙げられるのが、マツエク(まつ毛エクステ)をした目に使うこと。

 

マツエクは、油分に弱い性質を持っています。
そのため、油分が多いクレンジング剤を使うと、マツエクが取れやすくなってしまうのです。

 

せっかくお金を支払ってつけたマツエクなので、長持ちしてほしいですよね。
クレンジングバームは、油分が多いクレンジング剤のため、マツエクをしている方は利用を避けましょう。

 

クレンジングバームのNGな使い方2:濡れた手で使う

濡れた手で使うのも、クレンジングバームのNGな使い方といえます。

 

なぜなら、濡れた手で使うと、クレンジングバームが乳化してしまうからです。
その結果、メイクが落ちにくくなってしまいます。
毛穴のメイクを落としきれずに肌トラブルになってしまうことも。

 

そのため、濡れていたら必ず水分を拭き取ってから、クレンジングバームを手に取りましょう。

 

正しい使い方を守り、クレンジングバームできれいな素肌を目指そう!

クレンジングバームは、正しい使い方をすることでさまざまなメリットが得られます。
例えば、メイクがしっかりと落とせたり肌のうるおいが保てたり。

 

クレンジングバームは、クレンジングにこだわりたい方にはぴったりだといえるでしょう。
ぜひ正しい使い方を守って、きれいな素肌を手に入れてくださいね。

 

KinKi Kidsがコマーシャルをしていることで有名なクレンジングバーム

DUO ザ クレンジングバーム

記事の参考にさせてもらったサイト

嘘の口コミを拡散しているのは誰?!マナラホットクレンジングゲルの真実